So-net無料ブログ作成
ウォルドルフ人形 ブログトップ

ファースト・ドールに [ウォルドルフ人形]

久々の更新です。 

この子は体長20センチくらい。ウォルドルフ人形の中でもかなり小さい子です。
全体に少し柔らかめ(と言っても、一般的なお人形よりは、頭もしっかりしています。)、
足をつけないで、抱き人形の形をしています。

ヴェロアの手触りが優しくて、生まれたばかりのねんねの赤ちゃんのお隣で
一緒に寝かせてあげると、ふいに赤ちゃんの手がさわっても、温かくて柔らかく感じてくれそうです。

知り合いの方の出産祝いに作りました。
うちの子は「いや、あげないで〜。お家の子にするぅ。」と言っていましたが。(^-^;
新しく生まれてくる赤ちゃんの、大切なお友達になってくれますように。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

マムちゃん [ウォルドルフ人形]


今六才の下の子が一才の時に作った「マムちゃん」の二代目です。
一代目は、もう、肌身離さず連れていて、おふろにも何度も一緒に入ったので、
中の羊毛はへたってしまい、お洋服の生地も薄くなってしまいましたが、
今でも、現役です。

この子は、お教室で遊ぶように作りました。
二代目マムちゃんがお家に来たとき、うちの子は、「あっ、お洋服がこの子はふかふか〜」と
言いました。(^-^;
色は違うけれど、おんなじ生地なんだよぉぉぉぉ。
5年間連れ添った一代目が時の流れとともに、お痩せになっただけ。

日本では「ウォルドルフ人形」というと、スウェーデンひつじの詩舎ですね。
他ではなかなか材料が揃いにくいですし、教えられる講師も少ないですし。
私も、いまお人形作り、修行中です。

よその国では、少しずつお国柄が入った、それぞれの「ウォルドルフ人形」があります。
国によって、鼻が高かったり、お目目が大きかったり、
作り方もちょっとずつ違うようです。
その国の文化や伝統を取り入れるのが、シュタイナー教育ですから。
このマムちゃんの作り方も、イギリスで覚えてきた方に習ったものです。
ちょっと、アバウトな作りになっているかも。(^-^;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォルドルフ人形展 [ウォルドルフ人形]

土曜、日曜と新潟に一泊してきました。
わたしがお人形作りを習っている先生は、
宇都宮にいらっしゃいます。

その先生と、新潟の別の講師の方が合同で
「ウォルドルフ人形展」を開きました。

ウォルドルフ人形と一口に言っても、
子どもの年齢や遊び方によって、
たくさんの種類、大きさもあります。

同じ材料を使っても、作る人によって
顔も少しずつ違ってきますし。

たくさんのお人形を見せてもらい、
うーん、「わたしもつくりたい」と気持ちも新たに(笑)

新作が出来上がったら、発表しますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
ウォルドルフ人形 ブログトップ