So-net無料ブログ作成

本の時間 [本箱]

小説は読むのは好きでも、最近特にその世界にどっぷりつかってしまう傾向があって
時間があまりとれないのもあるし、少し遠ざかっている。

それでも「コレ!」と思うのもあって。



今でも時々ネット上では話題に上る婚活サイトで出会った男性の連続不審死事件を
ベースにした話。
食、特にここでは「バター」が彼女の生まれた場所とも絡んで味のキーワードになっている。

毒入りカレーもそうだけど、女性の事件にはかなり惹かれるものがあって
ドキュメンタリーもそれをもとにした小説も結構読んでいると思う。

後半はちょっと自分の思うのとは違うかな?と思う展開もあったけど、
全体としてかなり読みごたえもあって、主人公の雑誌社の女性の展開も良かったです。

本は読まなくても別に日常は過ぎていくのかもしれないけれど、
自分の内面が枯れていくというか、薄っぺらく頼りなくなってしまうように感じて、
ヤッパリ時間を作っていきたい。

昨日は、次男の部活の発表会でした。
県内の和太鼓部が集まっての大会&交流会。
一年で一番大きい発表会なので、この日だけは仕事を入れないように。
和太鼓は聞いていても「響き」が椅子から伝わってきて、迫力あります。
この1年の練習の成果をどの子も精いっぱい披露していました。



nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

本を読む時間、ふろ水ホース [本箱]

足の痛みはずいぶん軽くなって、寝るときだけ包帯で巻いて、
昼間は湿布だけでも過ごせるように。

今の湿布ってかぶれないんですね。(^_^;)
こういうの、普段ほとんど使わないので、たまに使うと進化度に驚きます。
むか~しの匂いの強い湿布って、1日貼るともう真っ赤になって痒くなったけど、
敏感肌の私でも時々外しながらでまだ平気。匂いも殆どしないし。

洗濯機がもう7~8年くらい使っているのでそろそろ…とか怖れていたら、
先週急にふろ水ポンプが水を吸わなくなってしまいました。
取り入れ口は結構マメに掃除もしていたし、水切りもしっかりしてたから
うっ、寿命か?修理?買い換え?(ポンプだけね)とかぐるぐる。

ポンプの修理も調べると15000円位するらしい。
こういう時、ネットは便利でやっぱり同じようなことを聞いたり書いている人がいました。

で、自分で調べる箇所がいくつかあって、それがだめなら修理とか買い替えとかになるそう。
一つはホース。小さい穴や亀裂があるとダメ。
もう一つがホースと洗濯機の取り付け部分。

ホースは1年前に買い替えたもので一応調べたけど、目視では大丈夫。
で、取り付け部分。ホースをはずしたら中に小さなフィルターがあって、そこにごみが溜まってました。ごみを取り省き洗ってセットしたら、ポンプ復活!

やったー!
水の取り入れ口はフィルターもあるしお手入れしてたから、ここまでゴミが溜まるとは
思っていなかった。盲点でした。もうしばらく頑張ってほしいので良かった。

ケガの功名で、パンパンだった頭の中も少し風が吹いて。
休みの日に昼寝をしたり、しばらく出来なかった読書も再開。

本は読んでないわけではなかったけれど、仕事の本ばかりになってしまってて、
仕事とは関係ない、前から気になっていた本をいくつか読みはじめました。



自宅で作物を作りっているご夫婦の話。
ご主人はこの後お亡くなりになったらしく、今はお一人で暮らしているらしい。
時々、こんな風に静かに暮らしている人の生活を垣間見るとホッとする。
自分自身は畑の手入れとかマメに出来ないだろうから憧れの世界。
少しエッセンスを取り入れられたらな~、いつか。

もう一冊は、同じ著者で何冊か読んでいる、ちきりんさん。


いま、やることを絞り効率的に仕事する必要性を感じる。
時間は限りがあるし、やりたいことはたくさんあるしで。
まだ初めの方しか読んでいないのだけど、今まで読んだちきりんさんの本の中で
一番今の自分にフィットしているかも。

以前はお風呂に入っているときに半身浴しながら本を読んでいた時期もあったのだけど、
お昼ご飯の後とか、ちょっとした休憩時間を取って少し読むようにしています。


nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

本熱 [本箱]

流れが悪い、と先日書いたけれど、振り回されているような感じが10月くらいから
ずっと続いていました。
急に忙しくなったわけではないのに、いつも追われているようで落ち着かない。

気が付くと自分が委縮しているようで…。なんでかな~と思っていました。

土曜日のこと、知り合いに「自分の時間をとらないと。」と言われました。
それかも(^_^;)。

時にはそんな時間が必要ですね。
今やりたいと思うことをやったほうがいい、と言われたので

今自分のやりたいこと。
一つは本が読みたい。
SNSや新聞の書評など見て興味ある本はスマホアプリでチェックしておいています。
どんどん溜まっていくばかりだったから、読もう。

少し前のだと、自分が何でその時興味を持ったのか忘れていたりするけど、(^_^;)
それもまたよし。
先週読み終わったのはSNSで他の人が勧めていた「ロボット、イン・ザ・ガーデン」。



アンドロイドが一般家庭でも仕事を代行するようになっているちょっと未来の世界で、
旧式のロボットがある日、庭に現れる。
とても心が温かくなる話で、作者のほかの本も読みたくなる。

読み始めると弾みがついて、昨夜読み終わったのは、


中脇初枝といえば「ぐりとぐら」とカステラとか(笑)すぐ思い出すけど、
最近は小説を精力的に書いている。
少し前は「君はいい子」を読んだ。

これは看護師と医療界の話。
自分を閉じて生きていた女性がいくつかのきっかけから生き方を変えていく。

昨日は映画も観たし。話題の?「デス・ノート」。子どもも観たがっていた。
まだまだ続きそうな終わり方。最近、こういうの多い?

自分の、といえばコートも作りました。試作なんだけど。
2016-11-14 11.27.25_s.jpg
大島紬。シミや汚れがあって、でも生地は良い。

コート作るのは初めて。着物地をなるべく無駄にしないよう。
いくつか改善点もあるけど、とても軽い。そして温かい。
紬の品の良さが綺麗です。


nice!(31)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「下剋上受験」読んだ [本箱]

お久しぶりです。
転居と子供の進学に関わる手続きあれこれとちょっと面倒なことも起こって
仕事に全然時間がさけられず、焦っています。(^_^;)

ブログの更新も転居が落ち着くまではちょっと滞ります。

昨日は、学校に提出する書類書きをひたすら。
どうしてこう多いんだろうと思うけど、兄弟がいる家は、×人数分ですものね。
我が家は兄弟の年が離れていたから、期間としてはずっと長く「お母さん」しているけど、
量としてはその分分散していたかも。

しかし、あの家庭調査票の「地図」とかね。(^_^;)毎年苦手。

先日読んで面白かったのがこれ。


両親は中卒。その親も中卒。その連鎖から自分の子を脱出させるためにはじめは
良い高校→良い大学に入れることを考えていた筆者が、調べているうちに
中学受験を子供と目指す、という実話。しかも私立中学は最難関。

極端な話だとは思うけど、この筆者は良く調べて考えているなぁと思った。
高学歴の人が全て「自分で考え、自分で行動」出来る人になれるとは限らないけれど
そのチャンスの回数や扉の開く確率は格段に多くなる、ということをよく分かっている。

あと、子供の能力を伸ばすためにはお金をかけるだけじゃなくて、
親が良く子供を観察して「手をかける」ことが大切なのもよく理解していて、
だからこそ子供が学力だけでなく、短期間で精神的にもぐっと成長したんだな。

同じことをすればいいわけではないけれど、気持ちとしてとてもよく分かるって本でした。


nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

読書タイムは [本箱]

低気圧の影響で風が強いところが多いようですね。
この辺りは夜の間に結構雨は降ったけれど、風は今のところそれほどでも。
台風並みの警戒、とニュースでも言っていたので皆さんお気をつけて。

私の読書タイムといえばお風呂時間。(^_^;)
半身浴をするので、お風呂の蓋を半分くらいしめ、そこで。
今読んでいるのがこれ。


梨木果歩は前からずっと好きだったけど、
随分作風が変わってきた。変わってもそれぞれが好き。

最近出たらしいこれは、なんだか今までの彼女をすべて集めてきたような
なんだかのびのびしている感じがする。

児童書のようでもあり、しっかり大人が読むにも耐えられる内容で有り。

ヤービ、っていう不思議な生き物と「わたし」が出会って交流していく。
その「わたし」がまた、きちんと礼儀正しいところが何とも好き。

まだ読み始めたばかりだけど、キット大事になりそうな予感がする。



先週編み上がった靴下を写真に撮った。ショップにアップするために。
1001.JPG

昨日は曇り空で陽が全然射さなかったから蛍光灯を付けて撮影したら、
全然違う色に!(^_^;)
もっと暖かい淡い色なんだけどな~。
やっぱり自然光がキラキラしているときが一番良いみたいなので、後日撮り直しの予定。

今日はどうなんだろう。予報ではこれから暑くなるらしいですね。
nice!(29)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

最近、吉本ばなな [本箱]

吉本ばななは同年代で、初めて知ったのは20代のころ。

たしか「キッチン」が出て一気に名が知られたころ。

当時住んでいたのは同じ世代、子供が小さい、転勤族、っていう
似たカテゴリーの人たちが多く住むマンションで、
数家族と互いの部屋を行き来するようなお付き合いだった。

東京から転勤できている家族がいて、
そこの奥さんが「吉本ばなな、読んでみた。なんかね~、軽い感じ。」
って言った何気ない一言が、
読んでもいないのに、私の名でのばなな評になってしまい、
気が付いたら20年以上?(^_^;)、そのままに…

でも、たまたま彼女の対談を読む機会があって、
「あれ?今まで思っていたばなな評とちがうかも。」
と思ったところから、偏見を払しょくすべく読んでみて、そしてはまってる。(今、ココ)

軽い読み口だから、確かに軽く扱われがちだけど、
内容は決して軽くないし、ちょっと不思議な異界へのドアが隠されている。

気に入った作者の本はずっと読み続ける傾向があるので、
そして吉本ばななは著作がたくさんあるので(^_^;)、今読む本に不自由はない。

はじめ、書評を読んで「王国」、「体はみんな知っている」、
次に知っているタイトルいくつか読んだころ、単行本じゃなくて
自選集があることを知った。


図書館で借りるから、すぐ読み終わっちゃうんだけど、
これならたくさん入っているからとてもいい。

でも、「キッチン」(まだ読んでない)の入っているのを借りたはずなのに、
(ちゃんと目次も確認したはずなのに)
なぜか「アムリタ」(読んだやつ)が入っているのを借りてきちゃってる…(^_^;)

もう一冊、別の単行本を借りてきているから、まあいいや…

元々インドア派だけど、寒いと余計に家にいる時間が増えます。
01212.JPG
靴下は、つま先をかがれば出来上がり。
久しぶりに太めの毛糸で編んだらやっぱり進みが早くて快適。

こっちはスヌード兼ショールになる予定。
01213.JPG
この編み方は難関!いや~進まないことこのうえなし。
糸が重なって柄は可愛いんだけど、ちまちま編んでます。頑張れ~(^_^;)


昨夜は残った大根で「ハッシュ大根」(^_^;)
01211.JPG
ちょっと焦げちゃった。

有機野菜はその季節のセットで買うから、大体今の季節だと
白菜や大根が必ず入る。
私は出汁と塩で薄く煮るのが好きなんだけど、子供はなかなか食べてくれないので。

いわゆる大根モチなんだけど、ベーコンやチーズを入れて洋風にしました。
野菜の消費のため、いろいろやってみる。(^_^;)

今日は曇り、夜には雪マークも出てました。
お天気崩れるようですね、ご自愛を。

nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

最近読んだ本から [本箱]

小さな地震が昨日から何度も起きているし、明け方からは猛烈な風が吹いている。
こんな中、子どもを学校にやるのはチョット心配だったりする。
でもそんな顔は出来ないから、笑顔で送り出す。

学校でもなく医療でもない場所でティーンエイジャーの助けになるようなことは
どうやったらできるのかな、今まで何度も考えて、
一つはNPOやボランティアみたいな方向がすぐ浮かんだ。

図書館でもチョット起業やNPO関係の本棚を見てみたけどいまいちしっくりこない。

で、これを読んでみた。



本の情報はツイッターで得ることも多くて、気になったタイトルを検索すると近所の図書館にもあることが多くて便利。

彼女は国際貢献や世界の貧困問題に関心を持ちながら、それをボランティアやNGOではなく
ビジネスとしてきちっと相手も自分もペイできる方法を模索していた。

すごくこれはわたしのいまのきもちに近くて、
繊細で心の階段をそっと降りていくようなことがわたしのしたい事、それをきちんとビジネスとして成り立たせたい、
ってわたしも思う。

でも、ティーンエイジャー達からお金をとることは今、考えていないから、(^_^;)
そこが難しいところなんだけどね。

シュタイナーの思想でも、お金は払える人は払い、
払えない人はお金とはなにか違う形でその分を支払う、という考え方がある。

実際、わたしの知っている海外のシュタイナー学校では月謝を払えない代わりに、
親が教室のお掃除やお手伝いをしている、というのを観たことが有る。

でもこれはかなり現実的に実行するのは難しいのもよくわかる。
だって人のうちの収入まで確認するのはとても難しい。

でも、ま、そこまでできなくても
オトナの人にはお金を払ってもらい、学生さんは低額、未成年は基本無料、っていうのが
今考えているところ。

お金は人が創りだしたエネルギー。
だから良い使い方をしてあげれば良いエネルギーが流れるし、
悪い使い方をすれば悪い影響を与える、と思う。

最近、人とのつながりがお金のエネルギーと強いつながりがあるんだな、とよく思って、
やっぱり良いエネルギーを持っている人たちと良いお金の使い方をしていくのが、
結局一番近道なんだよね、と思う。


もう一冊、印象に残ったのは、


図書館リクエストで随分待った人気の本。
中脇さんというと絵本のイメージなんだけど、この本は虐待や親に理解されなかった子たちの群像劇みたいな作りで、
一つの街に住む(住んでいた)様々な時代の子たちのショートストーリー。
その子たちはそれぞれ小さな所でチョットづつつながっている。

読んでいて実際の子たちのこと、自分の子供時代やあと、自分が親になってまだ子どもが小さい頃のこと、
色んな事が交差する。
個々に出てくる人たちは決して特別な人達じゃなくて、
ほんと小さな偶然から子どもを傷つける親になってしまう。

自分と周囲の人、子どもたち、そして本の中の人、みんな近いところに生きている。

nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今週の図書館・4/12 [本箱]

図書館に行くのは大体週に一度。
たまに予約した本が行った次の日くらいに届いたりして、も一度くらい行くこともありますが。
予約は10冊まで出来て、順番が来るとメールでお知らせしてくれる。
一週間は取置してくれるし、よく利用します。

無い本は購入リクエストを出すと、購入会議(というものが有るそう)にかけてくれる。
全部買ってくれるわけではないみたいだけど。

昨日借りたのは、これ。
04122.jpg

大概見る棚は決まっているから、新しい本が入ると結構気がつきます。
食や手しごと、クラフト関係はおなじみ。
でも今回は、普段は見ない家のリフォームの棚も見て。
貸してもらえる予定の家を今、大規模に手を入れるつもりはないけれど、お金もないし。
自力でリフォームやDIYをしている人たちの体験記やアイディアを少し吸収しようと。

この前までは起業やNPOについても少し本を借りた。
でも今はNPOはちょっといいかな、と思ってる。いろんな理由で。

今回は割りと良い収穫(^_^;)を得たので週末はお家リフォームのお勉強。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本っとありがとうプロジェクト [本箱]

2,3年くらいまえは断舎離してても本は最後の聖域と思っていたのに、今は捨てる、捨てる。
でもいえの中で一番寒い、日の当たらない場所に本棚があるので、冬の間はしばしおやすみ。

このところ暖かい日も増えてきて、まとめてあった本と新たに選んだ本を

BONDプロジェクト http://bondproject.jp/さんの「本っとありがとうプロジェクト」に送る。

生きづらさを抱える女の子たちを支える活動をしています。

着られないものや使えないものはダメだけど、出来るなら自分が不要になったものは
違う所で役に立てばいいな、と思います。

でも無駄遣いしないのが一番なのだけど。
nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

制作もしたいし [本箱]

昨年から続いているのが図書館通い。
一番近い市立図書館は、一人10冊、CD,DVDは5つ迄借りられます。
毎週10冊は読めないけど、7,8冊くらいはローテーションして読み終わらなかったのは2週間まで
借りて置ける。

近頃はクラシックや声楽などあまり詳しくないCDもいろいろ借りてみたり。
市内の公民館においてある本も取り寄せてもらえるしすごく便利にしています。

02153.jpg

料理や手芸の本とエッセイやたまに小説など取り混ぜて。
借りてきた日は早く読みたいし、でも制作もしなきゃだし、悩ましい。

02151.jpg
自分の室内履きを編もうとしたら全然糸が足らなくてダメでした。
これは仕切りなおし。
靴下を重ね履きしてその上に厚い毛糸の靴下を履くので、普通のスリッパはきつくて・・・。(^_^;)
やっぱり羊毛で作らないとダメかなぁ。

タグ:図書館
nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ: